納骨堂のことを知りましょう

納骨堂についての説明

納骨堂についての説明 日本ではお墓文化が依然として根強いですが、時代の変化によるものか、最近は納骨堂に遺骨を納める人が増えてきました。
室内に遺骨を安置して故人を弔う納骨堂は、屋外に建てる場合が多い通常のお墓とは大きく異なっています。
お参りをする際、家族はお堂の中で眠っている故人のところに出向いてお参りを行います。
お寺以外に自治体や民営会社などが運営している場合があり、利用者は年ごとに維持管理費を支払う必要があります。
支払うことになる維持管理費は、運営している団体によって違ってきます。
施設の機能やサービスが優れているものは、納めるべき費用が高めな傾向があります。
納骨堂は種類が豊富に存在し、位牌の下に遺骨を納める仏壇式や、コインロッカーのような小さなスペースのロッカー式などがあります。
スペースを多くとる仏壇式は費用が高い傾向がありますが、自由に使用できる空間が多いため人気です。
スペースをあまりとらないロッカー式は費用があまりかかりませんが、見た目に抵抗を持つ人が少なくなりません。
納骨堂は土地が少ない都市圏を中心に少しずつ広まっていますが、土地にある程度の余裕があり、保守的な傾向のある地方ではあまり行われていません。

お墓と納骨堂の違いについて

お墓と納骨堂の違いは何でしょうか。
この二者の相違点の一つとして挙げられるのは、遺骨の管理の仕方です。
前者は遺骨を埋葬しますが、後者は骨壷のまま特定の場所に安置します。
お墓は完成までに時間がかかりますが、納骨堂は手続きが済めば比較的早く遺骨を安置することができます。
二者の違いは料金にも表れています。
工事費用や土地代がかかるお墓は、二百万円前後の料金がかかるのが普通ですが、納骨堂の場合は借りるスペースはわずかなため、費用がお墓の三分の一から四分の一で済みます。
しかし、一口に納骨堂といっても様々な種類があり、料金やサービス内容もそれぞれ違います。
例えば、仏壇式やロッカー式、機械式などがあります。
仏壇式は上部に仏壇が備え付けられているタイプで、見た目は豪華でスペースが広いです。
その分支払う料金は高めですが、価格に見合った価値があるといえます。
ロッカー式はロッカーのような小さな空間に遺骨を納めるタイプです。
料金は安い場合が多いですが、「ロッカーに遺骨を入れるなんて」と抵抗を感じる人も少なからずいます。
機械式ではボタン操作をすることで遺骨が自動で運ばれてきます。
機械式は都市圏を中心として増えている新しいサービスですが、他の方法と比べてお参りしている実感を持ちにくいというデメリットもあるようです。

お墓関連サイト

新しいお墓参りの形として徐々に認知度が上がってきています。

納骨堂

Menu
新着情報

◎2017/11/7

格安の納骨堂を選ぶ際の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/9/7

納骨堂にお骨を納める時期と一周忌法要
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

サイトを公開しました

「お墓」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@kuuusuke009 お墓は量産型....?

返信先:@e6C6kBsSdVIjDws わしも爆死したらお墓建てといてくれ……

みんなお墓入ろ??? †┏┛墓┗┓†

返信先:@mi1203mmm 3時間なら日帰りで行けるんで大丈夫ですね! 骨は拾ってお墓の中に入れときます

Twitter森中サキタさん🐻🍁📛@seiya2973

返信 リツイート 5分前

返信先:@jo128236266 多分haruhana見た時あたし死んでるから!!!!お墓つくって!!!😭

返信先:@Lifu_Rufu りふちゃんフラゲ組か!! 乳液塗りたくってお墓に入るね……

返信先:@youun_0309 好きすぎて好きすぎて部屋で雄叫びをあげまくり、パパ様に怒られかけるなの星屑。幸せの極み乙女すぎてお墓にはいりたいです。ひっ、本当に好きすぎてリプできないです。流石えんたん、さいこうすぎて涙しか出ないよォっ!普段は僕なのですけど、シャロちゃんとか親しい人にはたまにオレなのですわー!

Twitterなの星屑🌸ただいま二話🌸@FweiriyaDoll

返信 リツイート 6分前

コロナさんとりあえず1回落ち着こうか....?これで春祭り中止にでもなったら何人のHiHi担がお墓に入ることになるか分かってますか....?もうこれ以上死者を増やさないでください........

ひつじさんが今日もエモを投げてくるのでつばさは†┏┛墓┗┓†に入ってしまいました。あーあ。 お墓あったかいよ!

Twitterすぐ墓に入るつばさ@lunar283

返信 リツイート 7分前

それはわからないけど……でも、知ってる?その人が見た恐ろしいものって、お墓だけじゃなかったんだ